日本の年末の風物詩となっている、ベートーベンの交響曲第9番の中の第4楽章で演奏される、「歓喜の歌」、通称「第九」についてご紹介します。

この楽曲は、知らない人がいないのではないかと思われるくらい有名な曲ですが、何度聴いても聴き足りないような、雄大な作品です。

 

●交響曲第9番 第4楽章「歓喜の歌」 

作詞:シラー、ベートーベン

作曲:ベートーベン

 

作詞家のフリードリヒ・フォン・シラー(1759~1805年)は、ドイツ人の詩人であり、歴史学者、また劇作家であり、思想家でもあった。

作曲家ベートーベンは、作詞家として冒頭の詩を、書き加えている。

 

1792年、当時22歳のベートーベンは、詩人シラーの作品である「歓喜の歌」の初稿に出逢い、感動し、曲をつけようと考えます。

1803年、作詞家のシラーは、「歓喜の歌」を改稿し、2年後に死去します。

1824年、ベートーベンは、改稿版「歓喜の歌」に自身の歌詞を加え、交響曲第9番を完成させます。

 

皆さんが、よく聞き覚えのある通称「第九」と呼ばれる合唱は、この交響曲第9番第4楽章のごく一部に過ぎません。交響曲第9番は、ベートーベンの9番目にして、最後の交響曲になります。全体の演奏時間は、ベートーベンの交響曲の中では最長で、そのテンポにもよりますが、57~80分と言われています。

ベートーベンは当時、すでに聴力を失っており、初演のステージに立ち会いましたが、聴衆の拍手喝采に気づかず、失敗に終わったと思い、喝采に気づかないベートーベンは、手を引かれ民衆の前に出されるまで、その成功に気づくことができなかったと逸話が残されています。ですがこの初演以外は、この交響曲第9番は不評とされ、ベートーベンはこの世を去ることとなります。その背景には、楽団や楽器の未熟さがあったようです。時代が、まだ、ベートーベンの交響曲第9番を表現しきれなかったのです。

 

日本では、1918年、徳島県のドイツ兵捕虜により全曲演奏が行われたのが初演とされております。この初演には諸説あり、初演ではないと否定的にとらえるものもあります。

もし機会がありましたら、オーケストラと合唱の大作「交響曲第9番」を、全楽章通して聴いてみて下さい。4楽章までの道のりは長いですが、人々の声が楽器のように鳴り響く作品です。

営利的に合唱のコンサートや、発表会を開く予定がある人は、音楽の楽曲使用には、著作権というものが存在することを理解していなくてはなりません。使用するホールや会館、ライブハウスなどによっては、または、使用する楽曲によって、また開催される企画によって、著作権を使用する為の手続きが必要となるケースも考えられます。営利的でなくとも、出演者に報酬を支払う場合など、ケースバイケースの細かい規定もあります。もし、今後、そのような予定がある場合は、音楽の楽曲使用に関する著作権について、知識を蓄えておくことも必要です。

 

●著作権法第38条1項の規定により、自由利用が認められる場合

  1. 営利を目的としない

  2. 聴衆、観衆から料金、入場料を受けない

  3. 実演家報酬を支払わない

 

音楽の楽曲に関する著作権は、作家の死後50年間が経過している作品に関しては、パブリックドメインとして著作権の手続きが不要な場合もありますが、戦時加算といった特例や、編曲者や、訳詞者によって手の加えられた作品の場合、手続きが必要なケースがあります。

 

●著作権・・・音楽・書物・映像・建築・コンピュータプログラムなど、作品の著作者に対して、法律によって与えられる権利のこと。著作者が、創作した作品を利用しようとする人に、利用を認めたり、禁止したりできる権利を著作権と言います。

 

●パブリックドメイン・・・著作者が著作物に対する著作権などの権利を放棄、または消滅した状態のことです。日本では、著作者の死後50年が経過すると、その著作権は消滅し、パブリックドメイン作品とされますが、戦時加算などの特例もあります。パブリックドメイン作品とは、著作権が無く、誰でも利用できる公共物ということです。

 

イベントなどで非営利的に合唱コンサートなどを行う際にも、著作権の使用に関しては、詳細の確認が必要です。著作権の手続きが必要となるのは、ケースバイケースです。不要な問題を避ける為、企画の段階で、関連窓口に相談をするべきです。

 

 

合唱についての豆知識をご紹介します。細かい知識は知らなくとも、合唱は楽しむことができますが、「合唱」を多方面に理解してみて下さい。

 

合唱には、様々な編成があります。その中でも代表的なパートやその編成をご紹介します。

 

各パート名

【ソプラノ】最高音域

【メゾソプラノ】ソプラノとアルトの中間音域

【アルト】テノールよりは高い音域

【トップテノール/第1テナー】対セカンドテノールとして主旋律を歌う

【セカンドテノール/第2テナー】トップテノールの対旋律的役割

【バリトン】テノールとバスの中間音域

【バス】最低音域、女性合唱にはない

 

【女性合唱】女性の合唱団

【男性合唱】男性の合唱団

【混声合唱】男女による合唱団

【児童合唱】声の変声期前などの少年少女の合唱団、少年/少女合唱団などとも呼ばれる

 

●女性3部合唱・・・ソプラノ、メゾソプラノ、アルト

●混声4部合唱・・・ソプラノ、アルト、テノール、バス

●男声4部合唱・・・トップテノール、セカンドテノール、バリトン、バス

●無伴奏合唱・・・アカペラコーラスとも言われています。

 

 

個人の音域にあったパートにから配属されることが望ましいですが、グループの人数などから、実際は自分の声の音域から外れたパートに配属されることもあります。

 

パート分けは、個人の歌いやすい音域などを考慮して、本人の希望にもよりますが、第三者が、声の質、本人の性格などから選出することも度々みられます。自身の音域を決めつけず、合唱というチームの中で1パートを歌いきる面白み、またその役割を考えてみましょう。

合唱団員募集ならエムセックがおすすめです。

 

世界のどの地域にも、その土地特有の言葉があり、またその言葉から生まれた音楽があります。人が生まれ育つ中で親しみ、そして身につけた母語の脈が、個々の土地ならではの音楽や芸術、文化を育んでいきます。日本でも、「日本語

という母語による多くの芸術が生まれ、その中で歌曲や合唱曲が作曲され歌われています。近代的な音楽で現すとJ-POPなども含まれ、あらゆる世界の影響を受けながら、日本独自の音楽性を育んでいます。

 

普段、何気なく話している言葉がどう響き、どう聴き手に伝わるか、日頃から観察をしてみることが大切です。それは、聴き手によりよく伝わる歌い方を探し出す事にもつながるでしょう。また、音楽、伴奏をつけずに、歌詞だけを声に出して読んでみることも、その作詩者がと、のようなイメージで言葉をつづったか、そしてそのイメージを作曲者が音楽としてどうふくらませているかを知る上で、とても役に立つ練習になります。日本語の独特な語り口を感じ、私たちの母語を大切に感じながら歌いましょう。

 

文明開化以後、日本に西洋音楽が伝えられましたが、その当時の作曲家の多く

は、特に歌曲のジャンルに力を入れていました。「西洋音楽のスタイルをもった日本語の歌」は、日本の近現代音楽の発展に大きく貢献したといえます。その後、アマチュア合唱団の活動が次第に盛んになると、「日本語による合唱曲」が数多く生み出されるようになります。現代日本に生きる私たちにとって、より身近な言葉を用いた合唱曲も多く書かれ、合唱音楽は私たちの生活により身近なものとして、今日まで発展してきました。

 

日本の合唱界は数多くの傑作な作品集に恵まれていると言えます。それらの名曲は、合唱の素晴らしさを私たちに今日も伝え続けています。まずは、素敵な合唱曲、思わず歌わずにはいられない合唱曲をみつけてみて下さい。

 

 

 

ある合唱の基礎練習をご紹介します。

ここでも、好きな歌手のCDを用意します。今回は、伴奏のないアカペラの曲でも構いません。好きな曲を選んだら、歌詞カードを見ずに、歌詞をメモに書き出していきます。

歌詞を書き出すのは、始めから終わりまででも構いませんし、好きなパートの一部分書き出しても構いません。書き出したら、その歌詞が正しいかどうかを、何度も楽曲を再生してたしかめます。ほぼ一致することが確認取れた時点で、再生しながら歌ってみます。

次に、再生を停めて、アカペラで自分自身で歌ってみます。出だしの音に迷ったり、メロディーを忘れてしまった時は、再生をして確認します。何度も、何度も繰り返すうちに、知らない楽曲も歌えるようになりますが、たいがい、間違える部分が決まってきます。その間違える箇所が、自身の苦手なところです。印を付けて、重点的に練習しましょう。音が取りにくかったり、歌詞が難しかったり、原因は様々でしょうが、自身の弱いパートをみつけ、そこを重点的に練習することは、全体的に安定感が出るので、難しい歌に出会った時に、早く歌に慣れる一つの手段だと思います。覚えやすパートは、何度、練習しても失敗しないものです。間違えやすいパートは、何度か練習することで、コツがつかめ、自然と音程や歌詞が口ずさめるようになります。この方法は、民謡を趣味にしていた、祖母が、練習している姿をみて自分で考えたものです。ジャンルが違う、「民謡」と「合唱」ですが、どのジャンルでも歌のうまい人というのは、耳が良いような気がして、自分のオリジナル基礎練習として、楽しみながら行っているトレーニングの一つです。この練習は、調子の良い時と悪い時があります。そのような、波を感じることで、発声とは、生の声なのだなと改めて、声は生き物なのだと思い返します。そういった時は、大抵、身体のバランスや、疲れ、またメンタル面での傾きなどを、セルフチェックするきっかけとなります。

思ったように、声がでない時は、何かしら、身体やメンタルからのシグナルが出ていると不調原因を探すようにしています。私自身は、声を鍛えることも重要と考えますが、耳を鍛えることを重要視して基礎連に励んでおります。